ケンタとアマノジャック

原作「ケンタとアマノジャック」 山下美樹・作 市居みか・絵 文溪堂刊

脚本・演出/どむならん  美術/うねのたえこ  音楽/細江祐司

★あらすじ★

ケンタはちょっぴりへそ曲がりな小学1年生。

「行ってきませーん!」と学校に行き、間違って国語の時間に算数の教科書を出していてもそのまんま。先生にも「そんな子は『あまのじゃく』という鬼にさらわれちゃいますよ」と注意されても、ケンタは「『あまのじゃく』なんているわけないもん!」と口答え。

放課後の公園。そんなケンタが、ミカちゃんが蹴とばして見失ったボールを探して、公園の奥にある「ひょうたん池」にたどり着きます。そこで池に足を取られて出られなくなり「助けて〜」と情けない声を出していると、そこに鬼の子が現れて・・・

・・・も、もしかしたらこれが「あまのじゃく」???
  


皆さんの周りや心の中にいるかもしれない
「あまのじゃく」と一緒にお楽しみください。

 

併演作品

腹話術・おしゃべりかんこちゃん4

作・演出/どむならん 音楽/細江祐司

 

カバのかんこちゃんとお兄さん。今日の人形劇を紹介をするのに出てきたのに・・・

あれれ??・・・なんだかお兄さんがおかしいぞ???


どむならんのマスコットガール「かんこちゃん」がお送りする「おしゃべりかんこちゃん」シリーズ第4弾です。

 


トップページへ